Jメールは以前は有名&優良出会い系サイトでしたが…現在はサクラだらけのAndroid出会い系アプリとなってしまいました。

Jメールのアイコン

 

ダウンロード:無料
料金形態:ポイント制
最低課金額:100ポイント=1,000円
メッセージ1通:7ポイント=70円

■その他有料サービス
画像閲覧1回:3ポイント=30円
動画閲覧1回:5ポイント=50円
プロフィール閲覧:0~1ポイント=0円~10円

 

Jメールの詳細

Jメールは2002年からサービスをスタートさせている出会い系大手です。
現在はWEBサイト、Andoridアプリ、iOSアプリに対応していて、累計会員数は450万人を突破している大手です。
ダウンロードは無料ですが、利用するには本人確認書類を提出するなどの手間が必要になります。
出会い系サイト全盛期の時代には一世風靡をした出会い系サイトですが、アプリになってからは、利用が手軽ではない事や、他に手軽に利用できる優良アプリが多数ある事も影響して大人気と呼べるサービスにまでは発展していません。
Andorido版はGooglePlayストアではダウンロード数は5万件以上10万件未満にとどまっていて、レビュー数も500件程度で大手というよりかは中規模の実績しかありません。

 

ネット上でJメールの事を調べてみると良い評判と悪い評判が両方出回っているようです。
少し気になったのは、メールレディーの仕事の案内も多くてキャッシュバッカーなどのサクラもたくさんいそうです。

 

AndoridでJメールを利用した場合の流れや評価について、当サイトでは実際に潜入してレポートしてきました。

 

まずはアプリを起動

GooglePlayストアでJメールのダウンロード画面を見てみます。
トップ画像はムービーになっていて、タヌキのイメージキャラクターを使用して、大手らしい綺麗なレイアウトになっています。
Jメールの公式ホームページでは会員数450万人突破と紹介していますが、GooglePlayストアのアプリダウンロードページでは会員数300万人以上としか表示されていないようです。
アプリのダウンロード画面は更新をしていなく、ダウンロード数を見てもアプリ版にそれほど力を入れていないような印象がありました。
ダウンロードと登録は無料なので、早速インストールをしてみます。

 

起動させると、まず最初に新規登録をするか、ログインをするかの選択画面が表示されます。
現在も含めて、出会い系サイトの大手なので、WEB版からアプリ版に移行する事もできるようになっています。
潜入調査では、新規登録になるので、いますぐはじめる。をタップします。

 

 

まず最初に登録画面が表示されます。
他の出会い系アプリとは違って、最初にパスワードの設定が必要になっているようです。
その他、ニックネーム、性別、地域、年齢を入力します。
入力をすると、確認画面が表示されますので問題なければ、確認完了をタップします。

 

続いて、写真登録画面が表示されます。
写真掲載は任意項目になっていますが、遠まわしに写真を掲載しないと、注目されないので出会うのは難しいですよ。と言っているようにも感じます。
写真は規約により、本人の顔写真以外のものや友人と一緒に写っているものの使用を禁止しているようです。
かなりハードルが高いですね。本気で活動したい人はJメールを利用するなら、必ず写真登録をしておきしょう。
後からでも登録できるので、とりあえずアプリ内を覗いてから検討しても問題ありません。
先に案内をしておきますが、Jメールを利用するには、まだやらなければいけない事があります・・・
写真登録を行うかスキップすれば、アプリ内を歩けるようになります。
まず最初に写真一覧画面が出てきたのですが、女性ユーザーも大半は写真を登録していないようです。
そして写真を掲載している女の子からはサクラ臭がプンプンします。
当サイトでは、さまざまな出会い系アプリに潜入調査をしてきましたが、他の悪徳アプリで見かけた女の子と全く同じ写真を利用している子も見かけました。

 

 

ここまでやっても、まだJメールは利用できません。続いてホーム画面を見てみます。
ここで、年齢認証の案内がされています。
Jメールは18歳以上限定のサービスで、ここでは本人確認を提出して認証を受けないとJメールを利用できない仕組みになっています。かなり面倒くさいですね。

 

年齢確認の画面に進むとやり方が紹介されています。
提出に必要なものは免許証や健康保険証、学生証や住基カードなどの一般的な本人確認書類です。
いきなり出会い系アプリに身分証を提示するのは不安という方も多いと思いますが、安心してください。
年齢確認や身分証の種類などを確認できれば、氏名や住所などは隠しても問題ないようです。
このルールを見て、同じ事を思った人もたくさんいるのではないでしょうか?
「このやり取りは、意味があるのか??」と・・・
簡単に言えば、18歳でなくてもネットなどで拾い物の免許証などの画像を加工すれば、いくらでも登録可能な仕組みになっています。

 

 

提出用の身分証の加工が終わったら、提出をするのですが、ここでもう一つ問題が出てきます。
Jメールはメールアドレスの登録が必要で、本人確認書類の提出もメールにしか対応していません。
WEBアップロードに対応していないのは、メールアドレスを収集するための戦略だと感じます。
アプリはダウンロードしたけど、この辺で挫折してしまった人もたくさんいる事でしょう。
なお、メールアドレスを登録すると20ポイントを獲得する事ができます。

 

 

ここまででも、ぐったりしてしまう人もいると思いますが、本気で出会いを求めた活動をする為には、あともうワンステップ必要です。
プロフィールをしっかり登録しましょう。
Jメールでは初期登録情報とは別に、かなり細かくプロフィールを設定できます。
ホーム画面よりプロフィール編集に進みます。
出会い系アプリとしては珍しく、登録後でも地域を簡単に編集できるようになっています。
さらに市区町村単位まで設定できるので、近所での出会いを求めている人は活用しましょう。
その他、プロフィール設定の項目は

  • 年齢
  • 職業
  • ルックス
  • 身長
  • スタイル
  • マイキャラ
  • 血液型
  • 興味がある事

さらに自己PRでは、更に細かい情報を入力するようなフォーマットが用意されています。
軽い気持ちで始めようと思った人にはオススメできない出会い系アプリです。

 

プロフ設定までできれば、ようやく利用を開始できます。
女の子と出会うには、検索で気になる子を探してメッセージを送るか、掲示板に投稿している子から探す事ができます。
検索は最初にも表示された写真検索のみ。
掲示板も含めて共通の絞込み検索機能が用意されています。
プロフィールの設定項目と連動した絞込み機能でかなり細かく設定できます。

 

 

この他、自分が掲示板に投稿する事もできます。掲示板投稿は無料で、メル友や今から遊ぶ人、ミドルエイジの3種類のカテゴリーが用意されています。

 

メッセージを送ってみた

気になる子を見つけたらプロフをチェックしてメッセージを送ってみます。
名前の所をタップすると詳しいプロフ情報も確認できます。
プロフは項目が多いのでメッセージを送る前の相手の見極めは簡単そうです。

 

実際に何名かにメッセージを送ってみましたが、ここで大きな問題が発生しました。
メッセージ送信画面まで進んでしまうと、戻るボタンやホームボタンが消えてしまい、そこの画面から身動きができなくなってしまいます。
結果的にその都度アプリを一度終了させて、再起動させる事の繰り返しです。
機能性がとにかく悪く、Andoridのアプリ版は完成度が非常に低いようです。
リリースされたのが2014年7月からで、1年以上経過して、こんな初歩的な不具合があることに問題を感じます。

 

メッセージについては、返信率は掲示板投稿をしている子を選べば、こちら側は写真・プロフ未登録にも関わらず9割以上です。
サクラ比率が高く感じて、近年ではWEBサイトの出会い系が衰退しています。
Android版がここまで使ってみて、使い勝手や初期登録などで評価が低い事を考えると、利用する価値のない出会い系アプリだと言い切れます。

 

 

Jメールの料金形態

Jメールは事前チャージのポイント制です。
ポイントは1pt=10円で1,000円から購入する事ができます。
女性は完全無料で利用実績に応じて、素敵なプレゼントまでもらえます。
男性は登録で30pt、メールアドレス登録で20ptのお試しポイントがもらえます。

 

メッセージ送信が70円相当など、価格設定自体は安いのですが、料金がここで紹介しきれない程、複雑になっています。
実際に利用すると、思っていた以上に数十ポイント単位で気づいたら消費している事もよくありました。

 

ポイントを消費する時にも確認画面の案内は出ず、気づけば大して利用していないのに、ポイントがどんどん減っていきます。

 

Jメールはアプリとしての価値や評価が極めて低く、特に出会い系初心者の人にはオススメできないアプリです。
料金表示の表面的な安さや利用実績に騙されないようにしましょう。

 

 

Jメールのアイコン

 

ダウンロード:無料
料金形態:ポイント制
最低課金額:100ポイント=1,000円
メッセージ1通:7ポイント=70円

Android専用出会い系アプリ